About me

おむすびの投資に対する考え方

アーリーリタイヤを優先し、専業投資家として生計を立てています。

このブログでは長期投資等の安定性の高い投資や、資産運用、資産形成等をご紹介しています。

実際の収入は大したことはありませんが、偽りでもありません。

次の写真は実際の収入の一部です。

ブログ名「omusubi-stock」のテープを貼った2020年前期の配当計算書です。

配当金計算書の写真

個人情報部分を推定できるところは全てカットさせていただいております。

さて、このブログで長期投資を中心に紹介している理由は、精神的にも時間的にも余裕が生まれるからです。

会社員をやりながら短期トレード、スイングトレードを継続して成功することは非常に厳しいと思います。

短期トレードは常に相場を監視する必要があり、難易度も高いと考えています。

確かに、短期トレードで100万円を数年で1億円にするという才能を持った人も1%くらいはいると思います。

そういう人の多くは、黙って稼いでいることと思います。

実は、過去の私もFX(外為証拠金取引)の「スカルピング」という短期トレードでかなりの成功を納めた時期がありました。

取引方法は「裁定取引(さいていとりひき)」に近いものでした。

裁定取引とは、簡単に説明するとほぼ確実に勝てる方法です。

現在、その方法は使えませんが、当時はその方法をごく僅かの人は知っていました。

そのような裁定取引の機会でも出来なければ、短期トレードで勝つことは容易ではないと思います。

そして、誰も知り得ないような方法を見つけるくらい当時の私は熱心に取り組んでいたと思います。

例えば、2008年のFXの黎明期は海外口座が未だ一般的になっていない時期でしたが、カナダ、スイス、アメリカを初め国内業者を含めるとFX口座を20口座は開設して試していました。

しかし、短期売買を中心にしてしまうと、会社に勤めている時間も「ハラハラ」「ソワソワ」落ち着かないという状態になるかもしれません。

会社員の年収分を超える含み損でも抱えてしまった日には、青ざめた表情で立ちすくし、仕事に手がつかなくなることもあると思います。

そして、大きな損失を確定してしまう結果につながりかねません。

短期売買は時間を使って心身を疲弊する割にリスクが高いと思います。

そういう理由もあり、短期売買よりも長期投資を中心に紹介しています。

短期売買にも興味があるという方は、長期投資と並行して、少額資金で試すことから初めることが良いと思います。

興味を持つことは良いと思いますが、安全な範囲から始めることが大切とも思います。

おむすびの略歴

会社員時代は一部上場会社の連結グループの不動産会社に入社して、約10年くらい会社員生活を送りました。

2008年のリーマンショックの頃にFXで投資成績を残せたこともあり、フリーランスを目指して退職しました。

しかし、自分の投資手法が1年経たずして通用しなくなったこともあり、再就職をせざるを得なくなりました。

2社目はアルバイトしかないというくらい追い詰められましたが、幸いなことに前職と同程度の待遇で再就職が決まりました。

そこからは、長期の資産運用を中心に資産形成をして、5年程で引退することになりました。

投資が成功したということもありますが、会社員に向いていないという気持ちが強かったと思います。

そして、リタイヤするにはやや早すぎたとも思います。

ちょっとした計算違いもあり、所得控除後の手取りは月6万円程度からのスタートになってしまいました。

投資はあくまで自己実現のための手段と考えています。

最後に、本ブログ内の特に「Asset management」の記事では、ほぼ負けない投資を実践できる内容を掲載しています。

これらの内容が皆様にとって、何らかのヒントになれば幸いです。

 

 

【保有する国家資格】マンション管理士・宅地建物取引士試験合格者・管理業務主任者試験合格者・3級ファイナンシャル・プランニング技能士等

宅地建物取引士合格証の写真

マンション管理士登録証の写真

管理業務主任者合格証書 写真

*個人情報を特定できる部分はカットさせていただいております。

*宅地建物取引士合格証書と管理業務主任者合格証書の上にあるカード型のものは、実務を行う際に必要な登録者証です。

会社員時代は資格者として登録講習を受けて実務をしていましたが、現在は実務で不要となったことから登録はしない予定です。

© 2020 おむすび stock