Real estate

高層マンションと地震【断水で水が出ないときの対策】

蛇口の写真

大地震が起こった時に何に困るのかというと「トイレ」と「飲み水」です。

災害時に公共交通機関が停止すると、管理会社も1週間以上も来ないかもしれません。

マンションの居住者が自発的に動くことを考えておきましょう。

今回は大地震でマンションが断水した時に、急ぎでもすぐ水が使える可能性のある方法をマンション管理士がお伝えします。

この方法は、給水系統の図面を見るとすぐ分かりますが、意外と不動産業界の人でも知りません。

この記事でわかること

  • マンションで断水した時の対応
  • マンションの断水に備える対応

高層マンションの断水時は1階共用部分の水道を使え!

高層マンションで断水が起こる原因はほぼ停電です。

3階以上の建物のほとんどは給水ポンプの電気設備を使って、水を高層階まで送り届けているからです。

下図は10階程度の建物の給水ポンプです。

1台が壊れても良いように2台が交互に運転しています。

給水ポンプの写真

高層マンションになるともっと大きくなりますし、ポンプの台数も3台以上になります。

このように電気設備で給水していますので、停電で給水ポンプが停止すると断水します。

ところで、戸建て住宅の場合はどうでしょうか。

戸建て住宅の高さは高くても3階までです。

この高さの場合は給水ポンプは不要です。

なぜなら、水道本管の水圧でその高さまで給水できるからです。

話が戻りますが、マンションの給水系統は2つ以上に分かれています。

2つ以上の系統とは「給水ポンプを使って給水する系統」と「給水ポンプを使わずに給水する系統」です。

給水ポンプを使わずに給水する系統は、高さ3階まで、かつ共用部分の給水です。

どこのマンションでも該当すると思われる場所は「1階管理員室」「1階ペット足洗い場」「散水栓」等です。

散水栓は聞き慣れない言葉かもしれませんが、ごみ置き場の清掃、植栽の水やり等の給水設備です。

散水栓の写真

散水栓の写真2

「えっ、植栽用、ペット用、ごみ置き場の清掃用の給水って飲めるの?」と思われるかもしれません。

問題ありません。

むしろ、水道本管から距離が近いので、殺菌成分の残留塩素濃度が高く、高層階の住戸の飲料水よりも安全といえます。

蛇口部分が汚れているかもしれませんので、その部分をきれいに洗ってから飲み水として利用できます。

大地震等で停電による断水が発生して、飲料水に困ったら、1階の共用の給水栓を探しましょう。

水道本管が断水していない限り、水は出るはずです。

マンション周辺の戸建て住宅が断水していないなら給水出来る可能性は高いです。

管理員室がオートロックで施錠されている場合は、大災害時であれば窓を壊してでも開放すると良いでしょう。

管理員室に水洗トイレがある場合は、皆で共有することでトイレにも困らないでしょう

ここまでの説明で「3階までなら共用部分以外の住戸内も断水しないのでは?」と思われる方がいるかもしれません。

しかし、一般的に共用部分と住戸部分の給水の系統は別に分けることが多いです。

理由は水道料金を住戸部分と管理部分に分けるためでしょう。

したがって、断水時の住戸部分は3階以下も含めて全住戸て断水します。

ここまでの説明で、水道本管に直結にしている給水は3階以下の「共用部分」ということが分かりました。

ということは、1階に限らず3階までに共用部分(集会室、コミュニティルーム等)がある場合は、その場所も断水していない可能性があります。

管理組合の理事長等が共用施設のカギをもっている場合がありますので、確認すると良いでしょう。

最後に注意点があります。

通常時は無断使用不可になっていることもある共用部分の給水栓は、下図のように蛇口の取手部分を外されていることがあります。

盗難防止用の散水栓の写真

災害時に水を出したくても取手部分がなくては蛇口をひねることが出来ません。

ペンチ等でも回せるかもしれませんが、不便で仕方ないでしょう。

災害が起こる事前の備えとして、取手部分の形状を確認して管理組合の理事長等が保管しておくと良いと思います。

SANEI 水栓補修部品 共用水栓用カギ 盗水防止 R32(Amazon公式サイト)は、たいていの散水栓に当てはまります。

今回ご紹介した「3階以下、特に1階の共用部分の給水系統は停電で断水しない。」という内容は、ほぼ全てのマンションにあてはまります。

試してみる価値はあるでしょう。

飲料用貯水槽の水の使い方

貯水槽のイラスト

マンションで断水した際に利用できる飲料水として、マンション内に飲料用貯水槽が設置されている場合はその水を利用できます。

ただし、通常は立ち入ることが出来ませんので、地震の被害が発生する前に鍵の管理や利用ルールを決めておく必要があります。

新しいマンションでは、地下階に飲料用貯水槽を設置して水道本管から届いた水を貯めこんで、そこから給水ポンプで高層階まで送るという方法があります。

住戸数が一定以下の場合は、飲料用貯水槽を設置せずに、水道本管の水を給水ポンプで直接に給水する方法も増えてきています。

また、最近は少なくなりましたが築年数の古いマンション等では、屋上に飲料用貯水槽が設置されているケースもあります。

給水ポンプで屋上の飲料用貯水槽まで水を送りこんで、そこからは水の重さを利用して高層階から低層階まで給水する方法です。

屋上に飲料用貯水槽があるマンションで停電が起こった場合は、給水ポンプが停止しても屋上の飲料用貯水槽に溜まっている飲料水はなくなるまで断水になりません。

しかし、全世帯がいつもどおり利用していると、半日から1日で飲料用貯水槽の水はなくなるでしょう。

お風呂、トイレ、食器洗い等を除き「飲み水」に限った利用にすると、2日から3日は利用出来る可能性があります。

続いて、地下階等に飲料用貯水槽がある場合です。

こちらの飲料用貯水槽は給水ポンプの手前に位置する設備ですので、停電した場合は飲料水が溜まったままになっています。

水道水の残留塩素濃度が一定以下の数値になるまでは、この水を飲むことが出来ます。

しかし、飲料用貯水槽の水抜き用の水栓を回す必要があります。

たいていは、飲料用貯水槽の水槽の下等に設置されていることもあり、開栓が難しいかもしれません。

開栓しやすいように災害時専用の蛇口を付けるには、何十万円という単位の工事が必要です。

なお、飲料用貯水槽の水の消費期限は3日程度と考えておいた方が良いでしょう。

それ以降の利用は、専門的知識を理解した上で適量の次亜塩素酸ナトリウムを加えるか、煮沸消毒して利用するなどのルールを決める必要があります。

地震の備え|マンション内の保存水

東日本大震災後に、マンション全体で防災備品を備えるところも多くなりました。

マンション全体で防災備品を備えるといっても、多くのマンションでは保管場所や費用で困ることも多いと思います。

基本的には備蓄品は各世帯で用意するように案内をする方がベストです。

5年程度で消費期限の切れる食品を管理組合が購入しても、期限切れを皆で食べる機会を作るにも面倒だからです。

管理組合として設置するものは、食品以外のポータブルトイレ、救出用の工具(バール等)、手巻き式充電ライト、ヘルメット、軍手、高層階から負傷者を下す担架等で良いと思います。

特に、東日本大震災で最も困ったというアンケート結果が出ているトイレは一定量は確保しておいた方が良いと思われます。

ポータブルトイレの写真

この簡易トイレ(Amazon公式)は、15年間の保存ができて50枚セットが5,000円以内で購入できます。

一人当たり一日3回として、マンションの住人数を計算するとかなりの量が必要になると思いまが、保管場所に困りません。

断水して水が出ないと、トイレは2次被害的に困ってしまうものです。

1階の管理員室、3階までにある集会室等の水洗トイレを共同で使えると良いですが、万が一に備える必要はあるでしょう。

続いて保存水ですが、コストパフォーマンスに優れた15年も保存できる水があります。

15年保存水(2L×12本)の写真

北海道の水でカムイワッカ麗水2L×12本(Amazon公式)で6,000円程度です。

1本あたり約500円ですが、15年保管できることを考えると他の保存水よりお得です。

マンション内の各住戸で保存水を備える前提ですが、その案内をした後に、マンション管理組合としても一定数は確保しておいた方がのぞましいと思います。

15年目に消費期限が切れた後は、災害時の手洗い用または、トイレを流す水としても利用できるでしょう。

まとめ

今回は大地震などでマンションが断水になった際の対応方法をまとめました。

特に、あまり知られていない1階の水道本管に直結している水道水の利用は、事前の準備がなくても、突然に地震が起こった際に役立つかもしれません。

しかし、重要なことは大災害が発生した場合は、公共交通機関が停止すると、外部からの支援が途絶えるという点です。

このような事態に備えて、マンションの住民が主体となって災害対策を事前に準備しておくことが大切です。

-Real estate

© 2020 おむすび stock