Cost Cut

一人暮らしの貧乏飯ブログ【手取り月6万円の東京暮らし】

おむすびのイラスト一人暮らしの貧乏飯といっても「プチ貧乏飯」で東京生活を過ごせると思います。

ぼくは手取り月6万円程でもプチ貧乏飯の生活ができています。

東京での一人暮らしはコストがかかると言われていますが実際はそうでもありません。

一人暮らしのそこそこ貧乏飯の東京暮らし

「東京の物価は高い。」とは、良く聞ききます。

しかし、当てはまるのは外食の料金がわずかに高いくらいです。

外食はチェーン店なら東京も地方も同じです。

関東に住む人の食費は月額平均45,787円です。(総務省統計局資料|2019年10月・12月単身勤労世帯)

全国で最も安い九州・沖縄で月額35,897円で10,000円の差があります。

何も考えずに外食を中心にしていると、東京ではこのくらいの食費になります。

節約をしっかり考えると月額15,000円から20,000円は簡単にクリアできます。

節約といっても苦痛になるくらいに切り詰めては楽しくないです。

例えば、家計簿で見ると次のような事例はどうでしょうか。

家賃 25,000円
食費 15,000円
上下水道料金 1,500円
電気代 7,000円
ガス代 3,000円
通信費 7,000円
その他 1,500円
合計 60,000円

借家でワンルームのユニットバスならこのような家計簿も達成できます。

保険料や国民年金等の社会保険料を加算しても月10万円あれば最低限の暮らしは可能です。

それ以上の収入があれば、個人年金の上乗せや投資が可能です。

ちなみに、私の場合は東京23区に安い戸建てを購入して、家賃0円で年間20,000程度の固定資産税を払うだけです。

参 考
0円の家のイラスト
家賃0円を東京23区で達成する方法

  東京で家賃0円の貸家はあるのだろうか? 支出の多い家賃をなんとかしたい。         元不動産会社員の筆者が、そんな無理難題にお答えしてみよう ...

続きを見る

一人暮らしの貧乏飯? 浄化水が0円で飲み放題

具体的な、節約方法をご紹介させていただきます。

お茶や水が売られる時代になりましたが、お茶や水は水筒に入れてます。

水に関して東京の水はおいしくないです。

探していると浄化水を無料で提供してくれるスーパーがありました。

たいてい専用ボトルを購入する必要がありますが、浄化水は無料です。

浄化水の装置を設置している店舗は限られていますので確認が必要です。

サミットの美し水

東京23区のスーパーのサミットでは「美し水」という浄化水が無料です。

2日に一度くらいのペースで、リュック(バックパック)に4.0Lの容器を入れて通うと良い運動になります。

手に持ったり肩にさげて帰るのは大変ですが、リュックなら苦になりません。

専用ボトル購入条件 2.0L 4.0L
サミットポイントカード会員 380円 480円
サミットポイントカード会員以外 580円 680円

イオンの「おいしい水」の無料給水サービス

イオンは「おいしい水」が無料です。

容器のサイズは2Lの1種類です。

無料給水するにはイオンのカードの会員になる必要があります。

イオンカードの使い道は多く後述のイオンの系列店「まいばすけっと」でもポイントを有効利用できます。

10%のポイントが付く商品も少ないですが存在します。

専用ボトル購入条件 2.0L
Waon搭載カード(モバイルWAON含む)【年会費無料」】 120円
イオンカード・イオンカードセレクト【年会費無料】
イオンゴールドカード (年間100万円以上のお買い物)
イオンオーナーズカード(イオン㈱の100株以上の株主)

Odakyu OX

Odakyu OXは「エンジェルウォーター」の無料給水のサービスがあります。

容器のサイズは3.8Lの1種類で、無料で給水するには下表のカード会員になる必要があります。

専用ボトル購入条件 3.8L
小田急ポイントカード会員 630円

一人暮らしの貧乏飯にならない東京暮らし

1ヶ月の食費は、1日500円で月額15,000円です。

もう少しゆとりをもって1日700円で月額21,000円です。

このくらいの節約は東京の一人暮らしでも楽勝です。

一人暮らし向けに安い商品をそろえたスーパーは多いです。

各お店で一番安い商品に特徴があります。

休日等に散歩、ウォーキングを兼ねて店舗をいくつか回って買いものをすると節約につながります。

東京23区内であれば1時間も歩けば2から3店舗は回れるのではないでしょうか。

まいばすけっと

まいばすけっとの写真

イオングループが展開する小型スーパーです。

コンビニと同じくらいの店舗面積で東京23区にたくさんあります。

「まいばすけっと」は一人暮らし向けに商品がそろっています。

例えば、このレトルトカレー(200g)は54円です。

(カレールーで買う方が安いですが例として。)

中辛カレー(200g)の写真

手軽にご飯が作れるご飯大盛(300g)は99円です。

(ご飯も自炊した方が安いです。)

大盛ご飯(300g)

この2品は、大型スーパーや業務用スーパーより安いです。

パックご飯とレトルトカレーで、電子レンジの時短料理が160円で出来上がります。

他にも、300円以下のお弁当、冷凍うどん、納豆、豆腐等、食材に困りません。

セール等は少ないですが、30%割引のシールの商品は時々あります。

コンビニの商品は鮮度が良い一方で価格が高いです。

「まいばすけっと」ではコンビニと似た商品が安くそろいます。

OKストア

OKストアの写真

OKストアは、業務用スーパーというカテゴリーにはいるスーパーです。

業務用スーパーは日持ちのする加工食品が多いイメージがあります。

OKストアは添加物等にも配慮した安心・安全な食品の品揃えに注力しています。

商品も全般的に安いこともあって行列になることもあります。

例えば、成分無調整の牛乳(1,000ml)が163円、とろけるナチュラルチーズ(1000g)が725円です。

モンゴルの遊牧民は冬季を肉を中心の生活とし、その他は乳製品を口にするだけの暮らしです。

野菜をほとんど食べない文化でも平均寿命は70歳程度です。

雑かもしれませんが、ぼくは牛乳をとりあえず飲んでおけば良いと思っています。

その他にドリップコーヒー等の消費期限の長いもの等、安い商品がたくさんあります。

その他のスーパー

オオゼキ、サミット等の大型スーパーは案外と「まいばすけっと」より高い商品が多いです。

ぼくの場合は、大型スーパーに出かけるのはサミットに水汲みに行く時くらいです。

それでも水汲みついでに、巡回してみると安い商品に行きつくことがあります。

チラシ商品や特売品を狙うと良いと思います。

それから、好例の半額弁当の検証もしました。

半額弁当は地方との差が歴然としていて競争率が激しいです。

人口の多い東京では商品が売れるために回転率が良いです。

回転率が良いと店舗側で弁当を出す時間も1日に1日3回くらいに分けて出します。

すると、消費期限切れの時間も1日のうち3回くらいに分けられてしまいます。

そして、消費期限の近づいたお弁当に20%OFFのシールを貼られると半額になる前に売り切れます。

その結果、半額シールになる可能性が低くなります。

少ない半額シールを争奪戦も激しいです。

もし、半額弁当を狙うのであれば、回転率のよくない穴場のようなお店を別に見つけることです。

そのような店舗は、弁当も1日1回程度しか出さないので、1日の決まった時間に半額になりやすいです。

もしくは、大型スーパーで見切り品を狙うのも良いでしょう。

ぼくは、バナナの見切り品の方は熟していておいしいと思います。

日用品など

日用品は、ニトリ、ユニクロ、島忠ホームセンター、100円ショップ等、安いお店はたくさんあります。

通信販売のAmazon、楽天、ヨドバシ等も送料無料の安い商品が増えています。

その他の支出としては、インターネット代とスマートフォン代くらいでしょうか。

キャッシュレス決済が進む中でスマートフォンも持たざるを得ない世の中になりました。

ぼくは、格安SIMの「LINE MOBILE」を音声通話500MBを月額1,100円で使っています。

通信費無料になる「テザリング」とLINE電話同士の「通話無料」を使えば格安SIMの容量で十分です。

水道光熱費に関しても安い電力会社に変更しました。

パッと見だけ安くアピールしている電気会社は山ほどあります。

しかし、横並びで比較検証すると「HTBエナジー」が安くなる場合が多いです。

競合他社をよく研究している会社を選ぶ方が良いと思います。

次の記事では横並びに電気会社を比較できるエクセル表を無償提供しています。

電気代 OFF
電気ガスセット割引7%~30%割引のイラスト
電気とガスのセット比較(東京)7%~30%OFF

  〇 光熱費を安くしたいけど、東京で電気とガスをセットするならどこが安いの? 〇 比較サイトでシミュレーションしたけど、よくわからない。 〇 東京電力の電気代の計算方法を理解して、自分でき ...

続きを見る

[/st-mybox]

まとめ 一人暮らしの貧乏飯の幻想

東京での一人暮らしの食費、生活費を心配される方もいると思いますが、良く考えて行動すれば地方と同じ、あるいは、交通アクセスの良い東京ではそれ以上に節約して生活を送ることもできます。

ぼくの場合は月の手取り6万円です。

でも、爪に火をともすような苦しい節約はしません。

また、贅沢をしたいと思いません。

1日2食ですが「人並み」に過ごせていると思います。

発展途上国の暮らしとを思うとぼくらは贅沢すぎるくらいです。

OKストアで購入するドリップコーヒーは1袋15円でコーヒー2杯を作ることができます。

120円の缶コーヒーの16分の1の価格で喫茶店のコーヒーと同じくらいおいしいです。

音楽でも聴きながら一人でゆっくり飲むと騒々しい喫茶店よりよほど贅沢です。

節約を意識していて詰まらないと感じた時は気晴らしに外食もします。

-Cost Cut

© 2021 おむすび stock