Cost Cut

【歯磨きめんどくさい】 電動歯ブラシで解決【手動の50倍時短 最強】

歯磨きめんどくさい 電動歯ブラシで解決する イメージ

歯磨きがめんどくさい。

手でゴシゴシと歯磨きをしているなら、手動より自動の「電動歯ブラシ」をおすすめします。

小学生以上なら電動歯ブラシを自分磨きに使えます。(パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」の場合)

このような方におすすめ

  • 歯磨きがめんどくさい。
  • 歯磨きに時間がかかる。腕が疲れる。
  • 歯磨きで「奥歯」や「歯の裏側」が磨きにくい。
  • 歯磨きで「オエッと、えずく。嗚咽(おえつ)、吐き気がする。

 

電動歯ブラシは2分で歯がツルツル [歯磨きめんどくさい]とサヨウナラ

歯磨きでは、虫歯の原因になる白いネバネバした「プラーク(歯垢)」を取り除くことが目的です。

手動による歯磨きの時間は10分以上が推奨とされています。

歯がツルツルになるまでには10分以上はかかります。

これでは「歯磨きがめんどくさい。」となるのも仕方がありません。

実際、歯磨きに5分以上かかるとほとんどの人が「歯磨きがめんどくさい。」と感じます。

その結果、約8割の人が1分~5分で歯磨きを済ませるという民間調査データもあります。

5分の歯磨きでは手をゴシゴシと約3,000回も動しています。

腕が疲れるから歯磨きがめんどくさくなるのも当然です。

このように手動の歯磨きでは限界があり、磨き残しも自然と多くなります。

しかし、パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」を例にすると、最低でも1分間で約31,000回の電動ストロークです。

歯磨きでゴシゴシする腕の運動の代わりに、自動モーターが約50倍のスピードでストロークしてくれます。

これでゴシゴシと腕を動かす必要もなく、2分であっという間に歯がツルツルになります。

手磨きでは経験できない「歯の全体がツルツルする感覚」に感動すると思います。

「歯磨きがめんどくさい。」も過去のものになるでしょう。

電動歯ブラシの使い方のコツ

手動の歯磨きに慣れていると手をゴシゴシと動かす癖がついてしまいがちです。

腕を動かすストローク運動は、電動歯ブラシが代わりに高速でしてくれています。

コツは、腕をゴシゴシと動かさず、軽い力で「歯の面」と「歯周ポケット」に当てるだけです。

電動歯ブラシ本体をゴシゴシと動かす必要はありません。(ポケットドルツ等、一部の振動の弱いものを除く。)

電動歯ブラシを動かすと逆に磨けません。

また、ブラシの先が広がるくらい強く力を入れて歯に当てるのも逆効果です。

電動歯ブラシはしっかりと握りますが、歯に当てる力加減は歯ブラシの先がわずかにしなる程度です。

そのくらいの軽い力加減で歯に当てるだけでしっかり磨けます。

電動歯ブラシは、本体が停止していてもブラシは1分間に約31,000回のストロークをしています。

歯の磨きたい箇所で2秒ほど停止させて少しずつずらしていくだけで磨けます。

このことを意識して磨きたい歯の面に軽い力でブラシを90度に当て、ゆっくりとずらして歯全体をなでるように動かしてください。

また、歯茎と歯の境目になる歯周ポケットに対しては、ブラシの確度を45度にして歯周ポケットを磨くことを意識してください。

手動で歯を磨いていた時の「歯を長い時間をかけて熱心に磨く。」という感覚と比べると違和感があるかもしれません。

しかし、電動歯ブラシでは「力をいれずに楽に、正確に磨く。」が、歯磨きのコツです。

はじめて電動歯ブラシを使う方は、電動歯ブラシの振動が頭に伝わる違和感があるかもしれません。

その違和感は、1~2週間で慣れますので心配ありません。

電動ブラシの当て方のイラスト(パナソニック公式HPより抜粋-引用)

「奥歯」「歯の裏側」もツルツルになるまで歯磨きができる電動歯ブラシ

手動の歯磨きでは、前歯の裏側は磨きにくいものです。

丁寧に何回も磨いたつもりでもザラザラした感じがなかなか取れず、歯磨きがめんどくさく感じる原因にもなります。

しかし、電動歯ブラシなら前歯の裏側に軽い力でしっかり当てるだけでツルツルになります。

また、手動では1番奥の歯を磨く時にストローク運動そのものがしずらいです。

でも、電動歯ブラシなら歯ブラシを当てるだけで小刻みにストローク運動を代わりにしてくれます。

このように電動歯ブラシのプラーク(歯垢)除去能力はとても高いです。

注意点としては、1番奥の歯の裏側等は電動歯ブラシでも当てることが難しく、特に上側の奥は磨き残しになりがちです。

奥歯等の磨きにくいところは、少し時間をかけて磨くよう意識すると良いと思います。

磨き残しが気になる場合は、磨き残しを紫に染めるぶどう味の「プラークチェッカー(アマゾン公式)」があります。

定期的に磨き残しをチェックすると歯磨きも効率よく出来るようになります。

歯磨きで「オエッとえずく。嗚咽(おえつ)、吐き気がする」問題の改善

歯磨きで口の奥の方を磨く時に、オエッとえずく、いわゆる嗚咽(おえつ)をすることがあります。

あるいは、吐き気がする場合もあるでしょう。

原因は「嘔吐反射(おうとはんしゃ)」です。

個人差がありますが、物が喉奥(舌の奥等)に触れると無意識に起こります。

「歯磨きがめんどくさい。」となる要因の一つです。

手動で歯磨きをする場合は、腕を動かすストローク運動が電動歯ブラシの動きより大きな動作になります。

その結果、喉奥にブラシが当たる回数も増えて「嘔吐反射」が起こりがちです。

しかし、電動歯ブラシでは本体をゴシゴシと動かしませんので喉奥にブラシを当てることが少なくなります。

また、電動歯ブラシの先端のブラシ部分は交換できます。

「小さいブラシ」を選ぶとさらに奥歯を磨く際に、喉奥へ歯ブラシを当てることを少なくできます。

このように電動歯ブラシを使うと手で磨くよりも「嘔吐反射」を軽減できます。

ところで、最近は舌を磨く人も増えました。

電動歯ブラシで歯磨き後、ブラシの動きを停止して歯磨き粉等で舌を磨くと舌の汚れ(舌苔)も取れます。

しかし、この時に舌の奥を磨くとどうしても「嘔吐反射」が起こります。

「嘔吐反射」を軽減するには次のことを気を付けてみると少しは改善されるかもしれません。

● 息を吐き出すようにして、奥の方の歯磨き(舌みがき)をする。

● 顎を引いて下を向いて歯磨き(舌みがき)をする。

● 歯磨き粉等は刺激の少ないものにする。

お風呂場でも使える高い防水性能のパナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」

先程の事例のパナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」は IPX7基準をクリアした高い防水仕様です。

IPXの基準は0から8まで基準があり、IPX7は2番目に高い基準です。

製品を水に30分間浸けても問題ないことを実験で確認されているという概要です。

参考までに、私はお風呂場に電動歯ブラシを置いたままにすることがあります。

ドルツは1回の充電で約1ヶ月は使えるので、次の充電まで置きっぱなしにできます。

そして、お風呂にゆっくりつかりながら、シャワーを背中に浴びながら電動歯ブラシで歯磨きをすることもあります。

何かのついでに歯磨きをすることで「歯磨きがめんどくさい。」という気持ちがなくなります。

お風呂場なら電動歯ブラシが汚れてもすぐ洗えるし、リラックスできます。

ただし、説明書に「本体は水洗いとし、40度以上のお湯の使用は避ける。と記載があります。

風呂で電動歯ブラシのドルツを使う場合は、本体にシャワーやお風呂のお湯が当たらないように注意してください。

また、使用後は本体の水滴を拭いて、濡れないよう水切りの良いカゴ等に保管するようご注意ください。

 

まとめ

歯磨きは、少なくとも「朝起きた時」と「特に寝る前」の2回は必要です。

永久歯が虫歯になってからでは遅いです。

電動歯ブラシは、歯磨き粉なしでも短い時間で楽に歯を磨けるほど絶大な効果があります。

私は、小学生の時に電動歯ブラシに変えて「歯磨きがめんどくさい。」とは思わなくなりました。

もう20年以上は電動歯ブラシをいろいろと使い続けていますが、今はパナソニックのドルツに落ち着いています。

次の記事では、電動歯ブラシでドルツを選ぶ理由と安く購入する方法を紹介していますので、ご参考ください。

これはイイ!
ドルツとソニッケアーを比較するイラスト
ドルツとソニッケアーの比較 【経験者の選ぶ電動歯ブラシ】

電動歯ブラシを選ぶ時に甲乙つけがたいと感じるのが、パナソニックのドルツとフィリップスのソニッケアーです。 この2つまでは絞ることは出来ても、どちらを選ぶかとなると使った経験がないと分からないくらい微妙 ...

続きを見る

-Cost Cut

© 2020 おむすび stock